町レポとは

みもりシステムを活用したサービス

側溝の排水口詰まり

 

歩道の段差

 

町レポの拡大

まちレポとは

市内で起きている様々な課題(たとえば道路が傷んでいる、

公園の遊具が壊れているといった、地域での困った課題を、

ICT(情報通信技術)を使って、市民がレポートすることで、

市民と市役所(行政)、市民と市民の間で、それらの課題を共有し、

合理的、効率的に解決することを目指す仕組みです。

まちレポの活動には市民の積極的な参加、適切な行政の対応、活動記録の公開が不可欠です。身近な場所のレポートは市民のスマフォからできますが、

広範囲の場合は空中から撮影調査が効果的であります。

 

 

 

さらに次のように期待できる

・行政は迅速な対応を公平に行うこと

・課題を解決した成果を行政コストの削減につなげること

・解決に携わった市民の功績が広く認知されることが重要です。

 

 

町レポの予算(千葉レポの場合)

システムの構築と5年間の運用経費の目安

¥66,000,000

1カ月の平均経費は

¥1,100,000

 

ちばレポより引用しました。

https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/mes-tf63.html

 

コスト削減効果

例えば、街路灯の電球切れ等のレポートにより

市のパトロールを削減できる

集水桝の詰まり等のレポートと併せて市民に清掃頂ければ市の業務対応を削減できる

ちばレポより引用しました。

https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/mes-tf63.html